[PR]

 (第3週・神宮)

 慶大が昨秋優勝の法大を0―4からの逆転で下して勝ち点2とし、明大と並び首位に立った。五回に正木(2年、慶応)の2ランで追いつき、六回に柳町(4年、慶応)の3ランで勝ち越した。五回から登板の1年生左腕・増居(彦根東)が2回1安打無失点でリーグ戦初勝利を挙げた。

 ▽3回戦(慶…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも