[PR]

 スリランカの連続爆破テロ事件を受け、同国のシリセナ大統領は29日から、顔を覆う衣服の公の場での着用を禁止した。イスラム教徒の女性が着用する「ニカブ」や「ブルカ」を念頭においている。当局はイスラム過激派の新たな攻撃を警戒しており、顔を隠す衣装で身元確認が困難になることを理由に挙げている。

 非常事態…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも