[PR]

 令和の日本経済はどこへ向かうのか。成長のエンジン役として人工知能(AI)や自動運転といった新技術の開発に期待が集まる一方で、発展を阻みかねない重い課題が平成から引き継がれた。

 AIが人間を超えるまでに技術が進む「シンギュラリティー(技術的特異点)」は2045年、令和27年とされる。国内総生産(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも