[PR]

 平成最後の日が、忘れられない一日になった。中日の伊藤康は「最初から最後まで、ずっと緊張していた」。プロ初出場で初めての先発メンバー入り。しかも、一回のプロ初打席で中前に初安打と「初」が重なった。

 その裏の守りでは1死一、二塁から、左中間フェンスを直撃し、はね返った打球をジャンプしてつかむ。「運が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも