[PR]

 ■希望を尊重、寄り添う医療へ

 重い病で人生の終わりが迫った時、大切なものは何か。

 緩和ケアや遺族ケアに影響を与えた「死ぬ瞬間」で、米国の精神科医、E・キューブラー・ロス博士は、住み慣れた家で愛する家族と過ごすことを挙げ、鎮静剤よりも本人が好きな「1杯のワイン」がもたらす恵みを説いた。

 「ハ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら