[PR]

 米ミステリー界で最も権威のあるエドガー賞(アメリカ探偵作家クラブ主催)の発表がニューヨークであった。評論・評伝部門では北海道大学教授、竹内康浩さんの「マークX 誰がハック・フィンの父親を殺したのか」が、ペーパーバック・オリジナル部門ではナオミ・ヒラハラさんの「ヒロシマ・ボーイ」がそれぞれ候補になっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも