[PR]

 東日本大震災で被災した作家の佐伯一麦さんは震災以降、全国各地で水辺の災害の痕跡をたどる「巡礼の旅」を続けてきた。「どの目的地に向かうときも、『3・11』の被災地のことが常に頭にあった」。それを私小説にしたのが最新刊『山海記(せんがいき)』。それぞれの土地と自らの歴史に向き合った、静謐(せいひつ)な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも