フラット35、悪用し投資 「住む」偽り賃貸用に 業者「借金帳消し」、若者勧誘

有料記事

[PR]

 1%程度の固定低金利で長年借りられる住宅ローン「フラット35」を、不動産投資に使う不正が起きていることがわかった。ローンを提供する住宅金融支援機構も「契約違反の可能性がある」とみて調査を始め、不正を確認すれば全額返済を求める方針だ。▼4面=甘い文句に誘われて

 不正が見つかったのは、東京都内の中…

この記事は有料記事です。残り1071文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。