[PR]

 8歳ごろまでの私は体が弱く、学校も休んでばかりの子どもだった。ある日、私の枕元で母がいつになく優しい声で「元気になったら何か欲しいものを買ってあげる。何がいい?」と言った。私は「黒板がほしい」と即答。母は一瞬「えっ?」と言い、その後「黒板ねー」と笑った。

 3年生になり、元気に登校できるようになっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも