[PR]

 警備会社大手セコムなど4社は、人工知能(AI)や次世代の高速移動通信方式5Gを使った「バーチャル警備システム」を開発したと発表した。2020年春の実用化をめざす。

 鏡のパネルに立体的なアニメーションの警備員を表示するもので、人手の不足を補う狙いでオフィスビルなどに配置する。AIが画像や音声を認識…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら