[PR]

 ■厳格な道徳の中、香った悪の華

 ヒロインの節子は、「優美な屍骸(しがい)」のように冷たい。

 その肌は白磁のごとく、青く脈打つ血の通いが乏しい。背倫の恋に絡め取られていく中、心理的葛藤はあるのだが、いつしか恋の術策に置き換えてしまう。中絶を巡る深刻な苦悩の痕跡も、すさまじい悲惨さは帯びていない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら