(声)それがどうした、人それぞれ

有料会員記事

[PR]

 主婦 金野栄子(宮城県 69)

 「ま、いいか」「それがどうした」「人それぞれ」。漫画家の弘兼憲史さんが好きだという三つの言葉です。数年前に新聞で読んだ時、ストンと腑(ふ)に落ちました。

 団塊世代の私はずっと競争、競争で過ごしてきました。チビでブスの容貌(ようぼう)に劣等感を持っているくせに、自…

この記事は有料会員記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る