[PR]

 プロの裁判官だけが行っていた刑事裁判の審理に、市民が加わるという歴史的な転換から10年。裁判員経験者は約9万人に上る。748人のアンケート回答からは、時間が経ったからこそ見える成果と課題が浮き彫りになった。(北沢拓也、阿部峻介)▼1面参照

 裁判員制度の目的には、刑事裁判に市民感覚を反映すること…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも