(評・舞台)歌舞伎座「團菊祭五月大歌舞伎」 妥協知らない正確さこそ個性

有料会員記事

[PR]

 新しい時代が始まる。

 夜「絵本牛若丸」で菊之助の長男、5歳の丑之助が初舞台を踏む。幕切れ、牛若丸は弁慶(菊之助)の肩車で、鞍馬山から奥州へ向かう。長く厳しい旅もこの父と一緒ならば、踏み外すことはない。

 菊之助の「京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)」のさわやかさは群を抜いている。道…

この記事は有料会員記事です。残り558文字有料会員になると続きをお読みいただけます。