[PR]

 前天皇の「おことば」に端を発した令和への改元で見えてきた日本社会の構造とは何か。戦後日本を「国体」というキーワードで読み解いてきた政治学者、白井聡さんが指摘するのは、「揺らぐ天皇制」と「変わらぬ対米従属」だ。真意を聞いた。

 ■理由なき対米従属、アジアには優越感

 ――令和になりました。

 「元号がかわった。それだけのことです。メディアでは新時代という言葉がやたらと使われた。元号がかわったから新時代がくる。よく考えると意味が分かりません。答えられる人はいるんでしょうか。にもかかわらず、テレビでは街の人にマイクを向け、『良い時代が来るといいな』という類いのコメントが繰り返し放送された」

 「結局、元号発表から改元まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも