[PR]

 4日にあった米国の第145回ケンタッキー・ダービーで、日本から遠征したマスターフェンサー(牡〈おす〉3歳、栗東・角田晃一厩舎〈きゅうしゃ〉)が6着と健闘した。

 19頭立ての最後方を進み、最後の直線だけで一気に順位を上げた。飛行機による長距離輸送や米国内での馬運車による複数回の移動など、厳しいコン…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも