[PR]

 ■転身の謎、自然と人間の交換が鍵

 私が宇沢弘文について聞いたのは、七〇年代のアメリカにおいてである。彼はシカゴ大学の正教授として、数理的な経済学の先端を行く目立った存在であったのに、なぜか一九六八年に突然日本に戻り、東大経済学部の助教授になったという。私は六五年にそこを卒業したのだが、もし大学院…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも