核不拡散条約「勧告」採択できず 準備委、核保有国が反発

有料記事

[PR]

 ニューヨークの国連本部で開かれていた核不拡散条約NPT)の第3回準備委員会は10日、来年の同条約の再検討会議の指針となる「勧告」を採択できないまま、閉幕した。核軍縮を強く求める内容の勧告案に核保有国が反発し勧告に必要な全会一致に至らなかった。

 勧告案は、議長を務めたマレーシアのサイード国連大使

この記事は有料記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。