結婚破綻後、子どもに会いたい 「面会交流、国内も法整備して」

有料記事

[PR]

 国際結婚が破綻(はたん)した時などの、子どもの扱いのルールを決めた「ハーグ条約」が日本で発効して5年。子どもの引き渡しについて定めた実施法と、国内の離婚にも同様の規定を盛り込んだ改正民事執行法が10日、国会で可決・成立した。一方、条約には面会交流に関する規定もあるが、国内の離別については法整備が進…

この記事は有料記事です。残り1388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!