アマチュアに格好の教本 『名著再び 活碁新評』

有料会員記事

[PR]

 『名著再び 活碁新評』(日本棋院) 互いの石が接触する局所戦で、石の効率を最大限に働かせる手筋を網羅した好著。江戸時代囲碁界をリードした本因坊家の塾頭、岸本左一郎が1848年に著し、秋山次郎九段が監修して現代によみがえらせた。130問の実戦に表れやすい形から、相手の弱点を突き、有利な戦型に持ち込…

この記事は有料会員記事です。残り47文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら