世界一の囲碁AI開発へタッグ 「GLOBIS―AQZ」プロジェクト

有料会員記事

[PR]

 世界一の囲碁AI(人工知能)の開発と若手棋士の育成をめざす「GLOBIS―AQZ」プロジェクトが立ち上がった。ビジネススクールを運営するグロービス(代表・堀義人)や日本棋院などが4月18日に発表した。堀代表が囲碁棋士の大橋拓文六段を通じて、AI開発者の山口祐さん(32)に声をかけ、プロジェクトにつ…

この記事は有料会員記事です。残り156文字有料会員になると続きをお読みいただけます。