[PR]

 本展を世紀末ウィーンのモダン・アートの展覧会と思っては誤解する。確かに、クリムトやシーレの充実した展示はあるし、オットー・ヴァーグナーの建築、ウィーン分離派の絵画やグラフィック、ウィーン工房の応用芸術やデザインの優れた成果を見ることはできる。とはいえ、それは展覧会の半ば近くからなのだ。

 では前半…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも