[PR]

 映画界に入ってまもない京マチ子さんは、鏡を見てため息をついた。「私の眉毛は太すぎて時代劇に向かない」。舞台ならごまかせるが、顔が大写しになる映画では難しい。意を決して自ら眉をそり落として臨んだのが「羅生門」である。その熱意にさしもの黒澤明監督も驚いた▼大阪市の生まれ。3歳で両親が離別し、さびしい日…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも