[PR]

 「理不尽な妻との上手な付き合い方」「どんな時でもキレさせない会話パターン」――。こんな売り文句の「妻」「女」の解説本の出版が相次ぐ。なぜ、読まれているのか。

 ■解説本出版相次ぐ

 東京都の会社役員の男性(56)は今年初め、新聞広告を見て「妻のトリセツ」(講談社+α新書)を買った。結婚して30年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも