(裁判員10年)被告の保釈率、上昇 公判準備に配慮の流れ

有料記事

[PR]

 裁判員裁判が始まってから10年。「調書中心」から「公判中心」に移ったことに伴い、被告の保釈率も上昇している。弁護人とひざ詰めで公判準備を行う機会を確保するという考えが浸透した結果で、影響は制度の対象外の事件まで波及している。▼1面参照

 最高裁が15日に公表した報告書によると、裁判員裁判の対象と…

この記事は有料記事です。残り958文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。