「経産省のトイレで覚醒剤」 職員を使用容疑で再逮捕 警視庁

有料記事

[PR]

 覚醒剤入りの荷物を受け取ったとして麻薬特例法違反の疑いで現行犯逮捕された経済産業省製造産業局自動車課の課長補佐、西田哲也容疑者(28)が警視庁の調べに対し、「職場のトイレや会議室で覚醒剤を使用した」と供述していることがわかった。職場の机から見つかった注射器は6本だったことも新たに判明し、同庁は職場…

この記事は有料記事です。残り461文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント