[PR]

 裁判員裁判の開始から10年となるのを前に、最高裁は15日、実施状況をまとめた報告書を公表した。公判では直接尋問をする証人の数が増える一方、書面を審理する時間は減少傾向にあることが判明。報告書は、捜査段階の供述調書に過度に頼る「調書裁判」から「公判中心主義」への転換が進んだと評価している。▼26面=…

この記事は有料会員記事です。残り586文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも