[PR]

 「とっても幸せ。本当にうれしい」。記者会見で声を弾ませ、何度も笑顔がはじけた。身長145センチの自称「日本一小さい小説家」。黒縁の丸眼鏡が似合う作家が、山本周五郎賞を射止めた。

 受賞作は、50歳の男女の純愛小説だ。自身が暮らす埼玉を舞台にした。親の介護、離婚などを経験した中学時代の同級生が、再会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも