[PR]

 衆院憲法審査会の与野党幹事懇談会は15日、与党側が国民投票法改正案の審議と採決を要求したのに対し、野党側が国民投票の際のテレビCM規制の議論を求め、不調に終わった。野党側に軟化の兆しはなく、与党がめざす今国会での国民投票法改正案の成立に黄信号がともった形だ。

 懇談会では、自民党の新藤義孝・与党筆…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも