日韓で同じ単語、違う意味 「人間」「親日」… 世論を刺激、摩擦も

有料会員記事

[PR]

 「親日」は侮蔑的な意味なのか――。日韓の外交関係が緊張するなか、ともに漢字文化圏に属することが摩擦の種を増やしている。同じ単語でも日本語と韓国語で意味が異なり、翻訳の仕方次第で国民感情を刺激することがあるためだ。相手への親近感にもつながる文化的な近さが、思わぬ落とし穴になっている。

 「日本の責…

この記事は有料会員記事です。残り1271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら