[PR]

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会が12日まで京都市で開かれ、温室効果ガスの算定に必要な改良版ガイドラインが決まった。温暖化対策の国際ルールであるパリ協定に基づいて、各国が排出量を算定する際の共通の「物差し」となることが期待される。今回の意義や特徴を、李会晟(イフェソン)議長と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも