[PR]

 分野を超えて広く舞踊の魅力を紹介する企画「言葉~ひびく~身体」が国立劇場で始まる。25日に上演される第1弾「神々の残照」では「神」を題にして、国内外の様々な踊りが披露される。

 同劇場とアーツカウンシル東京の主催で、再来年まで年に1度、計3回が予定されている。今回の演目は長唄「翁千歳三番叟(おきな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも