(ひと)柴谷健さん 日本障がい者立位テニス協会を設立した

有料記事

[PR]

 上体をぐっとひねってラケットを振ると、テニスボールは鋭くコートの隅をついた。打つ瞬間、左足は曲げられない。義足のプレーヤーだ。

 小学4年でテニスを始め、プロ選手も夢見た。だが、高校の時に骨肉腫になり、左ひざ上を切断した。愛用のラケット2本は押し入れにしまった。

 転機は40代半ば。訪れたハワイで…

この記事は有料記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。