地域間の電力融通、強化へ全国で負担 電気料金に一部転嫁

有料会員記事

[PR]

 経済産業省は16日、大手電力会社間の送電網をつなぐ送電線(連系線)を増強する費用の一部を、全国の電気の利用者が負担する新たな仕組みを有識者会議で示し、了承された。まずは北海道と東北、東北と関東間で採用する。電力会社の負担を減らして連系線の増強を促し、太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーの拡大を…

この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。