[PR]

 児童養護施設を出た子どもたちが大学などへ進学し、夢への一歩を踏み出している。施設は原則18歳で退所しなければならないため、家賃や生活費を稼ぐために進学をあきらめてきた人も多い。だが、返済不要の奨学金の後押しを受け、将来が広がる子どもが増えている。

 埼玉県の大学1年藤本翔さん(19)は今春、児童…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも