[PR]

 大学医学部での不正入試が相次いで発覚したことは、記憶に新しい。卒業生の子どもなどに加点する一方で、女子や浪人生が不利になるような点数操作がされた。求められるのは、教育における「結果の平等」という観点からの対策だろう。

 教育における「機会の平等」とは、教育を受ける機会が人種や性別、経済的地位などに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも