折々のことば:1465 鷲田清一

有料記事

[PR]

 大きな問いに答えようとすれば、答えは必然的に大きな言葉になってしまう。

 (福岡伸一)

     ◇

 人間や生命がそもそもなぜ存在するのかという問いは重要だが、その解像度は低いと生物学者は言う。それより身近な現象の有り様を丹念に見るほうが世界の解像度は上がると。例えばコミュニケーションについても…

この記事は有料記事です。残り74文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る