年金受給開始、70歳超も選択可 法改正案、来年提出の方針

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省は、年金の受給開始年齢を70歳超も選べるようにするため、来年の通常国会に関連法の改正案を提出する方針を固めた。現役世代の減少に対応するため、政府は高齢者がなるべく長く働き続けられる環境整備を進めており、年金の「繰り下げ受給」の拡大も、その一環になる。

 厚労省は、現行制度で原則65歳とし…

この記事は有料会員記事です。残り431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら