[PR]

 無職 肥後昌男(宮崎県 85)

 亡き妹が夢枕に立った。薬袋を両手で差し出していた。薬嫌いな私に、「兄ちゃん、ちゃんと薬飲むのよ」と気遣っているようにも思えた。

 母が若くして病死した後、妹は父、兄、私そして弟の家事全般を担ってくれた。それは自分の幸せを忘れたかのような日々だった。生きがいは花づく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも