[PR]

 ダスティン・ホフマン主演の映画「卒業」(1967年)の冒頭に、奇妙な場面がある。大学を卒業した主人公が地元に戻り、パーティーで旧知の紳士に会う。そして唐突にこんなひとことを言われる。「プラスチック」▼紳士は続けて、プラスチック業界は将来性があると話すが、映画の作り手が何かを暗示しているようにも思え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも