(文化の扉)日本画、漂流する自画像 洋画に対する呼称/「滅亡論」経て現代美術にも

有料会員記事

[PR]

 日本回帰やクールジャパン、来年の五輪に向けて、日本文化が注目される場面が続く。そのなかで、富士山や桜といったモチーフを描いてきた絵画が「日本画」だ。新たな動きも見られる日本画って、そもそも何なのでしょう。

 今月はじめ、奈良県万葉文化館では「『令和』ゆかりの万葉日本画」展が開かれ、梅の花を持つ…

この記事は有料会員記事です。残り1907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。