[PR]

 屋久島に暮らした詩人山尾三省さんには、雨の情景をつづった詩がいくつもある。そのうちの一つ、「雨の歌」は〈雨降るは よろし〉で始まる。〈ささやぶのささの葉から/おびただしく滴(しずく)の流れおちるは よろし/川音高きは よろし〉▼雨を喜んでいるというより、雨を受け入れている。そんな気持ちが〈よろし〉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも