(声)成年後見は身上監護を旨とせよ

有料記事

[PR]

 社会福祉士 服部勲(三重県 72)

 認知症などで判断力が衰えた人を支える成年後見制度について、最高裁は、成年後見人に就任する人は「身近な親族が望ましい」とする通知を全国の家庭裁判所に出した。

 最高裁は、後見人の最も大切な仕事を不動産や預貯金などの「財産管理」と位置づけており、本人の日々の暮らし…

この記事は有料記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!