築地、消えゆく面影 解体作業、進む

有料記事

[PR]

 昨年10月に閉場した旧築地市場(東京都中央区)で解体作業が進み、「日本の台所」を支えた魚河岸の建物が次々と姿を消している。

 来年の東京五輪パラリンピック期間中、跡地は選手や関係者らの輸送拠点として使われる。更地にした後、来月から駐車場の整備が始まる。

 解体作業は来年2月までの予定で、水産仲卸…

この記事は有料記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!