アート、混迷の時代の指針に ベネチア・ビエンナーレ、印象深い日本勢

有料記事

[PR]

 隔年開催の現代美術の祭典ベネチア・ビエンナーレが11日からイタリアで始まった。58回目のテーマは、古代中国由来とされた言い回しに基づく「数奇な時代を生きられますように」。数奇は不確実・混迷を含意する言葉で、そんな時代にアートが生きるための指針になりうるという宣言だ。観客に様々な感情や思考を誘発させ…

この記事は有料記事です。残り1398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。