(多事奏論)落書きと象徴と 値札をつけてしまっては 高橋純子

有料記事

[PR]

 5月1日。令和最初の朝を迎えた私は令和最初の歯磨きをして令和最初の外出へと一歩を踏み出し令和最初の電車に乗って……ああもう飽きた。3行苦行。とにかくたどり着いたる東京都庁。庁舎は広い。迷っていたら親切すぎる案内板に遭遇した。

 「『バンクシー作品らしきネズミの絵』 入り口」

 そう。世界的に有名な…

この記事は有料記事です。残り1407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント