[PR]

 諫早(いさはや)湾干拓事業(長崎県)をめぐり、堤防排水門の開門を命じられた国が確定判決の「無力化」を求めた訴訟の上告審で、最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)は22日、7月26日に弁論を開くことを決めた。最高裁が二審の内容を変更する場合には慣例として弁論を開くため、国の主張を認めた昨年の福岡高裁判決…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも