[PR]

 ウクライナのゼレンスキー大統領は就任翌日の21日、議会を解散し、7月21日に選挙を行う大統領令に署名した。就任直後の解散には憲法上の問題があるとも指摘されるが、選挙を望む党もあり、押し切る構えだ。

 ゼレンスキー氏は議会各派の代表を集め、「解散の理由は議会への国民の信頼度がきわめて低いことだ。4%…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも