[PR]

 指定暴力団住吉会系の組員らによる特殊詐欺事件をめぐり、茨城県内の被害者3人が住吉会の最高幹部2人に対し、暴力団対策法が定める代表者としての責任があるとして総額約715万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、水戸地裁であった。前田英子裁判長は最高幹部らの責任を認め、実際に金をだまし取られた2人に計…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも