(がん新時代:101)患者や家族への接し方は 不安な気持ち、まず受け止めて

有料会員記事

[PR]

 ■がんとともに

 家族や友人が、がんと診断された時、どう接して、どう支えればいいのでしょう。周囲はまず、患者の気持ちを受け止めることが重要といいます。同じように不安を抱える、患者の家族への支援も求められます。

 ■安易な励ましや気休め、逆効果

 鹿児島県に住む女性(46)は、がん検診を受けて乳…

この記事は有料会員記事です。残り3729文字有料会員になると続きをお読みいただけます。